Script is OFF 秒速ニューろぐ 宇宙ヤバイ


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/----:-- ]カテゴリー『 スポンサー広告』 | トラックバック(-) | コメント(-)

宇宙とは何なのか。何のためにできたのだろうか。 

 
1 名前: アイニちゃん(栃木県)[] 投稿日:2010/11/21(日) 20:50:46.74 ID:BON+EYVB0 BE:349474076-PLT(13073) ポイント特典

 
立体宇宙儀:太陽系のスケール実感 元伊賀市議の本村さん製作、実用新案登録 /三重
  太陽系の大きさや距離感を実感できるようにと、元伊賀市議の本村幸四郎さん(66)=緑ケ丘東町=が
  「立体宇宙儀」を手作りし、特許庁の実用新案登録と商標登録を受けた。
  本村さんは「登録を取れるとは思わずびっくり。近所の子どもたちへの教育に使いたい」と話している。
   
  本村さんは、3年ほど前から宇宙儀の製作に取り組み始め、今までに20セット以上を完成させた。
  最大のものは、10億分の1スケールのもので、太陽の直径は約1メートル。
  特注の球形発泡スチロールを赤く塗装した。  
  約1センチの地球や約14センチの木星など惑星約10個の発泡スチロールを竹ひごで固定、太陽からの距離も
  忠実に再現しているという。
   
  実用新案は、特許とは異なり形式的な審査要件に不備がなければ登録を受けられる。
  本村さんは「地球を外から見る視点を具体化しようと始めたが、意外な小ささに驚いた。
  地球の大切さを考える一助になれば」と話している。【伝田賢史】
 
  http://mainichi.jp/area/mie/news/20101120ddlk24040314000c.html  


 以下ネットの反応
スポンサーサイト
[ 2010/11/2200:11 ]カテゴリー『 宇宙ヤバイ』 | トラックバック(0) | コメント(27)

【宇宙ヤバイ】ついに酸素、炭素、二酸化炭素、水、メタンが存在する惑星を発見 地球から約150光年 


1 名前: ノイズe(大阪府)[sage] 投稿日:2009/10/22(木) 20:14:45.67 ID:/Xd47xcK BE:2086510267-PLT(12000) ポイント特典
 
y1_20091022233214.jpg  アメリカ航空宇宙局(NASA)は10月20日、スピッツァー宇宙望遠鏡とハッブル宇宙
  望遠鏡による観測で、太陽系外惑星「HD 209458b(オシリス)」の大気から、水、
  メタン、二酸化炭素を検出したことを発表した。  
   
  「HD 209458b」はペガスス座に位置しており、地球から約150光年離れている
  系外惑星。
  木星よりやや大きく、恒星の近くを回っており、いわゆる「ホット・ジュピター」に
  分類される。  
  これまでの観測で既に大気に酸素と炭素が存在していることも確認されている。
   
  このような系外惑星の発見は2008年12月の「HD 189733b」に続き2例目、今回の発見について、ジェット推進
  研究所のマーク・スウェイン氏(Mark Swain)は、「系外惑星から水、メタン、二酸化炭素の発見は2回目で、
  これは居住可能な惑星における生命過程を理解するために非常に重要である」と述べている。  
   
  今回の観測では、ハッブル宇宙望遠鏡の近赤外線カメラと多天体分光器を用いて分子を特定し、
  スピッツァー宇宙望遠鏡のマルチバンド撮像フォトメーターと赤外線分光器によって、その量が測定された。
   
  「HD 209458b」で生命の存在は期待できないが、今回の観測について研究チームは、「系外地球型惑星を
  観測し、有機物を検出することで生命の発見につながる可能性もある。今回の観測はその基礎となるだろう」
  と主張している。  
   
  http://www.sorae.jp/031003/3365.html  


 以下ネットの反応
[ 2009/10/2223:56 ]カテゴリー『 宇宙ヤバイ』 | トラックバック(0) | コメント(30)

【宇宙ヤバイ】宇宙の外側には何があるの?という疑問がついに解明!? 

 
1 名前: コブシ(アラバマ州)[] 投稿日:2009/06/04(木) 13:22:03.06 ID:y7NDstLv BE:627720427-PLT(13031) ポイント特典
 
 
宇宙を覆う“メガ”ニュートリノ
  最も古いニュートリノは、何千もの銀河より大きな空間を包含しているかもしれないことが、
  新しいシミュレーションにより示唆された。  
   
  既に知られているように、ニュートリノは核反応または放射性崩壊によって生成される。量子力学では、
  ニュートリノのような素粒子の“サイズ”は、存在可能な位置の範囲によってあいまいに定義される。素粒子は、
  原子などの何かと相互作用するときにのみ検出することができ、その範囲は相互作用時に時空内の1つの
  点に崩壊する。
   
  最近生成されたニュートリノについては、存在しうる範囲は極めて小さい。しかし、宇宙の誕生以来、
  約137億年間にわたって“残存”するニュートリノは、宇宙の膨張によって引き伸ばされ、存在可能範囲も
  拡張を続けてきたという。  
   
  研究の共著者であるカリフォルニア大学サンディエゴ校の天体物理学者ジョージ・フラー氏によると、
  「個々のニュートリノの範囲は100億光年ほどにまで拡大しているかもしれない。これは、観測可能な宇宙の
  最大サイズにほぼ匹敵する」という。  
   
  全文  
  http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=31054430&expand  


 以下ネットの反応
[ 2009/06/0420:17 ]カテゴリー『 宇宙ヤバイ』 | トラックバック(0) | コメント(63)

【宇宙激ヤバ】「都市一つ壊滅したかも」小惑星あわや激突… 

 
1 名前: すずめちゃん(東京都)[] 投稿日:2009/03/06(金) 13:24:45.07 ID:U2CZCfOa BE:106337243-PLT(13333)
 
  【ブリスベーン=岡崎哲】3日未明、直径30?50メートルもある小惑星が地球の近くをかすめていたことが、
  オーストラリア国立大学の天文学者、ロバート・マクノート博士の観測で分かった。  
  最接近時には地球からわずか約6万キロの距離で、博士は「衝突していれば1都市が壊滅するところだった」
  としている。  

  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090306-00000518-yom-sci  


 
2 名前: すずめちゃん(福岡県)[sage] 投稿日:2009/03/06(金) 13:25:07.02 ID:+2UgwnQh
 
  何で衝突しなかったんだよ  
  ふざけやがって  


 以下ネットの反応
[ 2009/03/0616:43 ]カテゴリー『 宇宙ヤバイ』 | トラックバック(0) | コメント(5)

太陽は銀河系を96万5600km/h(268km/s)で周回していた 


1 名前: すずめちゃん(高知県)[] 投稿日:2009/01/06(火) 23:45:24.61 ID:qZXHGNxC
 
hubble.jpg  銀河系(天の川銀河)の中心から約2万8000光年離れた太陽系は、  
  銀河系の中心を、これまでの予想をはるかに超える時速96万5600キロ
  で周回しており、銀河系全体の質量もこれまで考えられていたより1.5倍
  大きい。米ハーバード・スミソニアン天体物理学センター
  (Harvard-Smithsonian Center for Astrophysics)などの研究チームが  
  5日、カリフォルニア州ロングビーチ(Long Beach)で開催中の米天文学会
  でこのような研究結果を発表した。  
   
  研究チームは、ハワイ諸島、カリブ海、米国本土北東部にまたがる地域
  に設置された電波望遠鏡10基の高精度のデータを基に、銀河系の回転
  速度を割り出した。その結果、太陽系は銀河系の中心を、これまで予測
  されていた時速約80万4000キロよりも同約16万1000キロ速く周回していることが明らかになった。  
   
  銀河系の質量も、これまでの予想を1.5倍超えることが推定されたが、質量が大きくなると  
  重力も強まることから、近くにあるアンドロメダ銀河(Andromeda galaxy)やその他の小型銀河との
  衝突の可能性が高まったという。 
   
  http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2554824/3656351  


 以下ネットの反応
[ 2009/01/0718:01 ]カテゴリー『 宇宙ヤバイ』 | トラックバック(0) | コメント(0)


人気の記事



ブログランキング・にほんブログ村へ
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。